動物メディカルセンター
main_title
外科(軟部外科)

軟部外科は皮膚形成術から各臓器の病気に対する手術分野まで多岐にわたり、広範囲の分野における知識、経験、技術が必要とされます。

また、動物メディカルセンターでは、いずれの手術も手術前・手術中・手術後と術者のみならず、手術助手、器具出し、麻酔係、看護師など様々なスタッフが関与しチーム医療としてスタッフ一丸となって皆様の手術をサポートしています。

術後も入院生活を安心して過ごしてもらえるよう、入院看護に心を砕いています。
PC版はこちら>>>
上へ
整形外科(骨折、脱臼、関節炎など)

歩く、走る、ジャンプする。丸まる、伸びる、しっぽを振る…。動物たちは私達人間以上にダイナミックに体を使って生活しています。そしてそれら体の動きにとって重要になってくるものに、骨や関節靭帯、骨格筋、腱などがあります。

動物メディカルセンターではそれらの部位に発症する多様な整形外科疾患に対応した手術を行っております。整形外科手術に求められる高度な技術(海外のウェットラボ等への参加により常に最新の技術を取り入れています)、特殊な器具、術後の綿密な管理やリハビリも含めて患者様と飼い主様にベストな治療を提供していきます。
PC版はこちら>>>
上へ
神経外科(椎間板ヘルニアなど)

【椎間板ヘルニア】
椎間板ヘルニアは受診を急ぐ必要がある病気です。
当院では、問診や触診でできる限りの状態を把握し、整形学的検査法や神経学的検査法による病変部位の特定、症状のグレード評価を行います。さらに同様な神経症状を示すような他の疾患がないかスクリーニング検査として、レントゲン検査による画像検査を実施します。より詳細な検査が必要と判断された場合や、椎間板ヘルニアの可能性がある場合ではCT検査を行います。
CT検査では、椎間板ヘルニアの部位の特定や多発病変の確認が行えるだけでなく、低侵襲、確実かつ短時間の手術を進める手術プランにも大きく役立ちます。


【リハビリ】
動物メディカルセンターではリハビリテーション療法に積極的に取り組んでいます。リハビリを行うことで運動機能の回復が違ってきます。
整形外科手術を受けられたあとは、個々にあわせたリハビリテーションプログラムを組み立てて術後のケアーに当たっています。

骨折や関節、椎間板ヘルニアの手術後は、術後の痛みや手術前の無理な手足の動きから、筋力の衰えや本来の関節の動きを失いがちです。
本来の手足の関節の動きを取り戻すだけでなく、回復期における痛みのケアーを十分に行いながら、筋力アップを行うことで、手術後には無理のない回復と早い社会(日常生活)復帰が望めます。


PC版はこちら>>>
上へ
内視鏡・腹腔鏡外科

人ではわりとポピュラーな内視鏡や腹腔鏡ですが、近年動物たちにも多く用いられるようになっていきました。
従来の手術に比べて傷口が小さくて済むため、痛みが少ない・回復が早いという点は動物メディカルセンターが目指す“動物たちに負担の少ないやさしい医療"と合致します。そのため当院では早くから内視鏡・腹腔鏡を取り入れて検査や手術に当たってきました。
当院ではこの腹腔鏡・胸腔鏡の最新技術を取り入れることで、手術を受けられる小さな家族とお世話をしてくださる飼い主様にとって、優しく負担の少ない手術を心がけています。

PC版はこちら>>>
上へ
腫瘍外科

動物メディカルセンターでは、悪性腫瘍(ガン)の外科手術に臨むにあたって、リスクを減らし、手術での治療効果を最大限に得るために細心の注意を払ってすすめていきます。

当院では

1. 事前の手術計画を重要視しています
2. 術中管理と緊急対応に気を配っています
3. 術後のケアと継続治療までを一連の流れと考えています
PC版はこちら>>>
上へ
避妊手術・去勢手術

私達人間と家族の一員として暮らすことになったワンちゃん猫ちゃんたちにとって、繁殖できない環境で発情を迎えることは大きなストレスとなります。

発情によるストレスから解放されるということ、病気に対する予防効果があること、社会の一員として暮らす上でご家族の負担が軽くなることなどから、動物メディカルセンターでは、早期の避妊去勢手術をお勧めしています。
PC版はこちら>>>
上へ

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 病院案内 箕面
 病院案内 茨木
 病院案内 高槻
 治療方針
 手術について
 特殊外来
 予防・健診
 ホテル・トリミング・しつけ
 求人

動物メディカルセンターグループ
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。